PS4を持っているならロケットリーグは是非プレイするべき!

2017年12月25日

<スポンサードリンク>

ロケットリーグ

どうもアカリョシカです。

今回は11月からPS PLUSで無料配信で配信開始されたロケットリーグのレビューをしていきたいと思います。

現地点でのプレイ時間は3時間なので、この時点でのレビューになります。

操作方法

R2:アクセル
L2:逆アクセル&ブレーキ
□:ドリフト
×:ジャンプ(×2回でシュート・クリア)
○:ダッシュ
△:ボールカメラ・通常カメラ切り替え

ざっと言ってこんな感じでしょうか。

操作方法に関しては結構単純なので、どなたでもすぐに覚えられると思います。

初心者でもこの操作さえ覚えていればマグレでそれなりに活躍出来ます。

ゲーム内容的ないろいろ

ロケットリーグ

こういうサッカーゲーム?を待っていた!

このロケットリーグというゲームは1VS1、2VS2、3VS3、4VS4(←これが一番面白い)といろいろルールがあって、最大で8人(オンラインのみ)でプレイ出来ます。

最近のサッカーゲームって故コナミのウイニングイレブンや、EAスポーツのFIFAがありますが、この2つのゲーム(特にFIFA)ってリアルなサッカーゲームって感じがどんどん強くなってきて、個人的にゲームとしてはあまり楽しめないんですよね。

そういう意味ではこのロケットリーグというゲームはリアルなサッカーというよりも、ゲーム的に面白くしたサッカーという感じでメチャクチャ面白いです。

なんか小学生のサッカーの試合みたいにみんながボールに群がってくるのでカオスで笑えちゃいますw

シュートも×ボタン2回押しとかで出来るのでシュートを打つ分には簡単です。

ただ、ちゃんと狙わないとゴール出来ないので注意が必要です。

このゲーム、パスみたいなことがボタンでは用意されていないので難しいですが、ゴール前にボールを送っていればなんとかなります。

<スポンサードリンク>

あとこのゲームは1試合ごとに自分を評価してくれて、例えばボールをクリアしたら20PT、ゴールを決めたら100PTみたいにポイントが増えていって、試合終了後に自分のポイントが分かるので、その試合でいかに自分が活躍出来たか、活躍出来なかったかがわかります。

あえてこのゲームの欠点を挙げると

ロケットリーグ

メニューとかでの決定ボタンが×ボタンで、キャンセルが○ボタンなところ。

まあ洋ゲーでありがちな仕様ですね。

このぐらいだったら慣れれば特に問題は無いと思います。

むしろもう洋ゲー=×ボタン決定を定義付けてもいいんじゃないかな?

こうしておけば海外ゲームを日本向けにローカライズするときの手間が減っていいっしょw?

ロケットリーグ
あともう1つはこれも仕様と言えば仕様だし、ゲームに慣れれば問題無いのかもしれないけど、ボールが浮きすぎ。

ちょっとボールをクリアして壁に当たったら、「どんだけボール浮くねん!」ってぐらい浮くんだけど、もうちょい浮くにしても高度下げて欲しかったなと。

ボールが高く浮いてるときってほぼ何も出来なくて、落ちてくるときにクリアなりシュートなりしたいけど、ジャストなタイミングで打てないんだよね。

まあまだまだ練習あるのみってことですね。

PS PLUSでの無料配信は11月末ぐらいまでだったと思うので、早めに落としてプレイしてみて下さい。

ロケットリーグ

同じく8人プレイが出来るスプラトゥーン並みに化けるゲームだと思うので本当におすすめです。

<スポンサードリンク>