初代マリオが理不尽になった『VS.スーパーマリオブラザーズ』をプレイしてみた!【レビュー・評価】

<スポンサードリンク>

ニンテンドースイッチでスーパーマリオブラザーズが遊べるようになったぞおおおおお!!

ということでさっそくダウンロードしました。

値段は823円(税込)だったので安いですね!!

ファミコン版とは一味違って楽しめる♪

VSスーパーマリオブラザーズ

最初の方のステージでも間違い探しレベルの違いがあって、ちょっと新鮮な気持ちで遊べます。

W1-1ぐらいなら本当に間違い探しレベルですが、W3-1ぐらいからはかなり変わっているステージもあります。

パワーアップアイテムが取れるはずのハテナブロックが無かったり、変なところに穴があったりします。

理不尽な仕掛けが多い

VSスーパーマリオブラザーズ

この『VS.スーパーマリオブラザーズ』は元々はゲームセンター等に設置されるアーケード版のゲームなので、落とし穴がたくさんあったり、リフトの横幅が狭くなっていたりしています。

ゲームセンター用のゲームなので、簡単だったら誰もコンティニューするためにリアルマネーを入れないから仕方ないと思いますけどね。

あとは初見じゃ分からないような仕掛けもあるので、これもまあアーケード用のゲームだったんだなーって思いました。

ちなみにこのゲームは日本では任天堂がアーケード撤退後にリリースされたので、本来なら遊べないはずなのですが、案外遊ぶことが出来るゲームセンターが多いらしいです。

寝屋川市駅前のゲームセンターにも昔は置いてありました。

今もまだあるのかは確認していないのでわからないですが。

ゲーム選択時の操作がわかりづらい

VSスーパーマリオブラザーズ

このゲーム、ゲームセンターで遊ぶときの様に最初にコインを投入してクレジット数を増やすことが出来るのですが、その操作がわかりづらいというか説明書を見ないと分からないのです。

まあ説明書見ろよって話ですけどねw

もう少し直感で分かるようにしても良いかなって思いました。

モード選択の時は+/-ボタンを押せってあるので分かるのですが、Lボタンでコインを入れてRボタンでゲームを始めるってところが地味にわかりにくいので、説明書を見なくて分かるようにしてもよかったのになと思いました。

コントローラーの問題で操作がしづらいかも

VSスーパーマリオブラザーズ

もちろん慣れの部分が大きいとは思いますが、ニンテンドースイッチのプロコンと携帯機モードで遊んでみたところやっぱり操作がしづらいかなと思いました。

やはりファミコンやスーパーファミコンの十字キーは偉大だった!?

左のスティックでも全然遊べますけど、ダッシュしゃがみスライディングがやりにくかったので結構失敗しました。

<スポンサードリンク>

あとしゃがんでるときに勝手にしゃがみが解除されたりしました(実際は僕が↓を押す力が弱くなって解除されただけなんですけどね)。

なので自分にあったコントローラー/プレイスタイルを探すところから始めても良いかもしれません。

ちなみに今のところのオススメはプロコンのスティックじゃなくて十字キーで操作すると良いかもです。

ただプロコンの十字キーは硬いので操作に慣れるのに時間がかかってしまうかも。

難易度設定がバラバラ

VSスーパーマリオブラザーズ

普通のゲームって基本的には最初は簡単で、だんだん難しくなっていくものだと思いますが、このゲームの場合は、簡単になったり難しくなったりするので、難易度の調整があまり出来ていないのかなーって思いました。

ちなみに僕は3-2や6-3、7-4でメチャクチャ詰まりました。

特に7-4は初見では絶対に分からないので、攻略サイトを見てクリアしたほうが時間を無駄にしなくて良いと思います。

そしてワールド8はファミコン版をやりこんでいればそこまで苦戦しないかなーって感じですね。

まとめ

VSスーパーマリオブラザーズ

悪いところばっかり書いている様にも見えますが、823円で昔のゲームをそのまま焼き込んでるのでこんなものかなーって感じです。

初代スーパーマリオブラザーズをプレイしていた世代の人は間違いなく楽しめると思います。

プレイしたことない人はこれを機にプレイしても良いと思いますし、わざわざ敢えて昔のゲームをプレイする必要も無いって人はプレイしなくてもいいかなーって思います。

まあやりたい人は各自買うなり友達に遊ばせてもらうなりしましょう(*´∀`*)

プレイ動画

VS.スーパーマリオブラザーズのクリアを目指す!!

<スポンサードリンク>