フジテレビ最後の良心!映画『アンフェア the end』を観てきたので感想♪

2017年12月25日

<スポンサードリンク>

アンフェア the end

映画の前売り券を買えば1400円で見ることが出来るって事を初めて知りました。

どうしても公開初日に見たくて、毎月1日の1100円デーや他の割引デーまで待てないって人にはおすすめです♪

この映画を100倍楽しむために

この映画を楽しむために過去のシリーズを見て頂きたいのですが、

忙しくて全部見るのはしんどいよーT_T

って方のためにこの映画を楽しむためにコツを伝授します。

①テレビシリーズ アンフェア 全11回をツタヤ・ゲオ・HULU等どんな方法でもいいので見る
忙しい人でも1~4話ぐらいは見ておくようにしましょう。

②劇場版 アンフェア the movieを最初の10分と最後の5分を見る
この1作目の映画は糞みたいな作品なので見なくていいです。

③劇場版 アンフェア the answerを見る
この映画は面白かったです。1作目の映画の100倍良いです。

④劇場版 アンフェア the end(現在公開中)を見る
今、公開中の映画も神映画です。①~③の作品を見ておけば100倍楽しめること間違いなし!

ざっくりあらすじ

前回の映画では「こいつも黒幕の仲間だったのかー!」みたいな話で、このままこのシリーズは終わるのかなって思ってたけど、まさか更にこの続編が出るなんてねw

今回は前回の黒幕だった村上(山田孝之)がいきなりしょっぱなから殺されて、犯人は誰なんでしょう的な感じで始まります。

そこで犯人と思われる津島(永山絢斗)が容疑者として拘束されるけど、津島は自分が冤罪で、自分のことを犯人に仕立て上げようとしている組織がいて、そいつらの仕業だという。

そこで真犯人を見つけるために雪平(篠原涼子)とその男が身内の警察を騙すような形で脱走して真犯人を見つけにいく。って感じかな。

ゆるりと映画の感想(ネタバレ注意)

まず警察からの脱走方法なんだけど、結構無茶するなーって思いました。

病弱な人だったらなんかの間違いで死ぬことも充分ありえるやんw

警察からの逃走しているシーンとかも、実際の指名手配の犯人とかってこんな感じで全国を逃げ回ってるんだろうなーって思った。

あと警察ってことごとくゴミもたくさん在籍しているんだろうなーって思った。

<スポンサードリンク>

ちょっと前にあった寝屋川在住の既婚の警察官がセフレ殺した事件とかあったけど、他にもこういう事件たくさんあったんだろうなーって。

そんでいくつかは揉み消して来たんだろうなーって思った。

まあ事件起こすアホは警察だけじゃなくて一般企業とかにも普通にいるんだけどね。

それで映画の話に戻るけど、警察の機密事項を海外のマスメディアに広めてもらうために海外のジャーナリストに接触を試みようとして、会えたと思ったら殺されていたってパターンでしたね。

てか関係無い人間殺しすぎやろ!

メールでいろんな海外メディアに送ったほうが効率よかったんじゃね?

まあ最初はとある国(名前忘れたw)に亡命しようと計画していて偽造パスポートも用意してもらってたけど、結局どっかの国際ビルの上のほうの階にある大使館に行くことになったけど、偽造パスポート作る前に思いつけやwって思った。

あと三上(加藤雅也)はヘッドショット喰らってたけど、本当に死んだのかねー?

頭撃たれたけど血があまり出てなかったからワンチャン生きてないかなーってね。

1発目は実弾で2発目はワインの蓋みたいなのを銃弾にしてたとかだったら生きてるんじゃないかなってw

まあ今回が最終作でおそらく続編は無いだろうからどうでもいいっちゃどうでもいいんだけどね。

最後亡命するシーンだけど、警察があんな派手に銃撃戦繰り広げたら一気にツイッターとかで大騒ぎになるだろwwって思った。

あと今回の黒幕の武部役がEXILEのAKIRAって人だったらしいけど、普通に演技うまかったね。

GTOと同じ人って聞いてちょっとびっくりしたけどw

まあ結末はあーなったわけだけど、最初っからあの犯人を警察に引き渡していればたくさんの人が殺されることも無かったけど、こうしなかったら警察の不正が大々的に報道されることがなかったからどっちがよかったんかねー?って思った。

今回の映画も騙しあい騙しあいが凄くて、頭が切れる人ってこんな感じなんだろうなーって思った。

三上が言ってたけど、大切な人を守るためだったら悪の組織に入るのもワンちゃんありかなーって思いました。

アンフェアとしての作品はこれで完結したと思うんだけど、またこのスタッフでこういう系のドラマや映画作って欲しいね。

腐り切ったフジテレビの最後の良心として。

<スポンサードリンク>