日本縦断詐欺だけど内容は良かった『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』のレビューと感想

2017年12月25日

<スポンサードリンク>

今日から公開された『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』を観てきました。

映画としては観て損は無い作品でした。

ただ良かったんだけど、予告動画で「日本縦断!」とか言ってた割には、映像的には九州ぐらいしか映ってないじゃんww

もっと名古屋とか京都とか岡山とかいろんな場所が映るのかなーって思ってたら、(おそらく)長崎行きのトラックに乗ってから一瞬で九州に到着してたから、えぇー!?って思いました。

あとは「野原一家が全員子供に!」っていうのもウリにしてたから、オトナ帝国みたいなのをちょっと期待して観に行くとコレジャナイ感を感じるかも。

大人が子供になるのは名探偵コナンかよ!ってのと、コナンと違って子供になったら子供になったで別によくね?

別にコナンみたいにずっと子供のままだとしてもデメリットはほぼ無いようなものだから別に子供のままだったら子供のままでいいじゃんと。

何のためにひろしとみさえを子供にしたのかなーって考えたら、どうしてもオトナ帝国が好きだった人を取り込みたかっただけなんじゃね?って思うんですよね。

映画の序盤から中盤までは面白いんだけど、終盤があまりおもしろく無かったなと。

なんか最後の方は投げやりだったなーと。

25周年記念作品にしてはなんだかなーと。

ぶっちゃけ去年のユメミーワールドのほうが面白かったです。

結局シリリの父ってなんだったのw?

多分いろいろやりたいことがあったんだろうけど、予算が足りなくなったのか?終着点をどうするのかを決められなくて結局中途半端な形で終わってしまったんじゃないか?って思いまいた。

今作のゲスト声優は芸能人だったんだけど、志田未来は本人役で違和感無し、シリリの父は雨上がり決死隊の宮迫博之だったけど全く違和感無しで初代毛利小五郎の声優さんだと思ったら宮迫でびっくりしました。

<スポンサードリンク>

あと蛍原も声優やってたけど、前情報無しで観に行ったら気づかないぐらい役に入り込んでいました。

つまりゲスト声優は全員演技が素晴らしかったです♪

この映画の主題歌は高橋優の「ロードムービー」という曲で、正直今までは高橋優の歌ってしつこくて嫌いだったんですけど、この曲はよかったです。

昨日のミュージックステーションで生歌で披露されていたときはサビ以外はズコーでしたが、映画館で聴くこの曲はよかったです♪

ぶっちゃけこの映画が去年に公開されていたらもうちょっと評価が高くなってた気がしますが、去年のユメミーワールドが良すぎたので今年の映画はちょっと下火になるかも。

ただ全然、合格点の映画でクレヨンしんちゃん好きには全然おすすめできる作品です。

<スポンサードリンク>